2006年08月16日

夏の読書〜『優しい音楽』

図書館の本の返却期限が昨日だったので、あわてて返しにいく。で、また新しいのを借りてくる。

瀬尾まいこさんの本が読みたくて物色する。彼女は中学の国語の先生をやりながら作家活動をしているそうだ。私の大好きな友人と下の名前が同じで、おまけにその友人も中学校教員をやっている…そんな、作品とは何の関係もないところで以前から親しみを持っていた。「いつかそのうち」と先延ばしにして、代表作を読んだことがなかったので、今度こそと思い、サ行の作家の棚へ。しかし、彼女の代表作は、残念ながら出払っていた。残っていたのは1冊。『優しい音楽』。短編集である。

この本が出た頃、題名と装丁に惹かれて本屋で立ち読みしたので、表題作は読んでしまっていた。でも、好きな作品なので借りた。ラストシーンを知りつつの再読。女の子の語りの部分に、かすかに伏線が張ってあったんだ…気付かなかったなあ。物語を読み終えたあと、この題名を振り返ると、じわーっと幸せな気持ちになるところが何度読んでもいいなと思う。

『優しい音楽』という題名は、この作品のクライマックスシーンのことを指しているのだと思う。けれど、それだけじゃなく、物語全体の流れにもうまく合っている気がする。最初はちぐはぐなやりとりをしている付き合い初めの2人が、互いを知る過程で瑣末な違い(食事に関することが多い)に驚き合い、ものの見方が増えたと面白がり、やがてはそれぞれを最も心地いい存在と認識する。徐々に息が合って、きれいな協和音となめらかなメロディーを持つ「二人のハーモニー」が奏でられるまでのようすが描かれている。それを支える二人の会話の運び方も好き。馬鹿馬鹿しすぎず、あまり色気はないけれど、サバサバしてるとか冷めているというわけでもなく。このへんにも親しみを感じてしまうのかも。





posted by かなへ at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 不器用貧乏暇なし日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜、久しぶりの更新ですね!
嬉しいから、コメント入れておきます。

私も本を読むのは、大好きです。
でも、瀬尾まいこという名前は初めて聞きました。(見ました?)
今度チェックします。
最近は長いものを読む時間がとれないし、気力もないので、もっぱらエッセイばかり読むのですが、かなへさん、エッセイだとどんな作家さんがすきですか?
短編小説も、私案外好きですよ。例えば、林真理子だって、エッセイよりは短編が好きだな。いつも苦い感じがして。宮部みゆきもやっぱり好きだし。

あ・・・かなへさん、江戸時代すきでしょう?杉浦日向子さん好きですか?私は好き〜。亡くなってしまって本当に残念です。なくなったと言えば、鷺沢萌さんもなくなって残念。

さ、とりとめもなく書くのはこれくらいにして・・・
またきま〜す。おやすみなさい。
Posted by Miss. Blue at 2006年08月18日 00:37
Miss. Blueさん、ごぶさたしています!

私もエッセイ好きです。
一番は須賀敦子さん、ここ数ヶ月で面白かったのは、星野博美さんの『のりたまと煙突』(うちの母に貸したら「暗い」って言われたけど)、あと、今年お亡くなりになった米原万里さんも、まだ数冊しか読んでないので、もっと読んでみたいです。酒井順子さんも『負け犬の遠吠え』はまだ読んでないけど(とほほ)、『観光の哀しみ』は面白かったです。

林真理子さん、エッセイや雑誌のコラムを読む限り、ワタシ的には腰が引けてしまう作家さんなのですが…食わず嫌いはいけませんな。短編から始めるとしましょう。

杉浦日向子さん、実は読んだことないんですよ(^^;) でも、ずっと気になる人で、「いつか読むだろう」と思ってまだ読んでない…(←こういう作家多すぎ!)

杉浦さんといえば、うちの母が『お江戸でござる』が大好きで(笑)、たまーに一緒に見てました。杉浦さんは今日もチャーミングやなぁとか言いながら。

こういう話って、ほんとにとりとめなくなりますよね。最近更新ペースが落ちてますが、また見に来てくださいませ。
Posted by かなへ at 2006年08月19日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック