2006年07月30日

「All The Bones Are White」

題名のbonesにwhite、「だきよせた私の肩に風が止まる」の歌詞、乾燥した冬の冷たさを連想する。白い熱いホットミルクがほしくなる。

しかし何よりこの曲が冬を感じさせるのは、白い息まじりできこえてきそうな冒頭の「会いたいな」のフレーズ。おお何という声を出すのだ、アッコちゃん。

街路樹も枯れ、通りにはまだだれもいない暗がりの午前5時台の街。まだ生命のないひっそりとしたところに、突如現れた人の気配にどきりとする。この歌の出だしに、そんな印象を受けた。冷たい空気の中、生命の気配は白い息という形で現れる。冬の空の下で見える、生きてるものが持つ温度の色。骨といっしょ。すべての生き物に共通の色。そしてすぐ消える。次々とまた一つ現れる。そこに生命がある限りだ。その点で、しろい息は、ひとりぼっちのとき取り止めもなく浮かぶ思い出と似ている。

「独り」ということを痛いくらいに(それこそ冬の外気みたいに)感じさせられる歌。この歌に満ちている「白」のイメージと結びついて、ますますそう思う。「白」って孤独が似合う色と思う。

雪の白、病院のシーツの白、人骨の白。ホットミルクの白、湯気の白、凍えた手のひらに吹きかける息の白。

孤独だが温かい歌。白という色が、死のイメージを内包しながらも、清潔で、時に温かい色だというのと似ているかもしれない。独りということが、冷たくて痛いのと同時に、なぜか平安をもたらすのと似ているかもしれない。独りをへた後には、ほんの少しの温かさが、心の底に宿るのと似ているかもしれない。人の体温と同じくらいの温かさだと言っておこう。

(作詞・作曲:矢野顕子 アルバム『OUI OUI』(1997)に収録)


posted by かなへ at 21:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 楽曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
矢野さんの歌?歌詞?を見るに。
10代20代ではあまりにもわかならすぎた私がおりました。
だから、昔のCDなど引っぱりだして聞くとしみじみと体に突き刺さります。

このたびの曲もホントにカナリヤバいです(大泣)


Posted by pon at 2006年07月31日 17:15
そうですね、この曲、うっかりすると私も泣いちゃいます。

アッコちゃんの歌詞は「ああこういう意味だったのか」的な再発見をすることがホントに多いし、昔のアルバムを聴いてると、「わずか20代そこそこのとき、こんな歌詞が書けたんだ…」とか「今の私と同い年でこういう言葉が出てくるんだ!」とか、驚くことしきりです。これからもどんどんいい詞を書いてほしい…。
Posted by かなへ at 2006年07月31日 20:47
この曲は泣けますね。
やのさんには少ないタイプの歌詞で
胸にさっくりきます。
Posted by ちはる at 2006年08月03日 18:36
少ないタイプの歌詞…あぁ、そうかもしれない。割合ストレートで重みもあって。いっぽうで、ひそかに人気の高い曲ではないかと思います。以前さとがえるコンサートで後ろの席に座っていた2人連れの女性が、この曲が好きって喋ってました。
Posted by かなへ at 2006年08月04日 21:20
8月3・4日の、第一生命ホールでのセットリストを知って、行きたかったなあ〜とため息つきました。贅沢な2daysみたいでしたよー。
Posted by ちはる at 2006年08月05日 20:55
さすがはちはるさん、もうご存知なんですか!? 細野晴臣さん+アッコちゃん、井上陽水さん+アッコちゃん…。どちらも行きたすぎでした…。陽水さんの公演って何をどう歌ったのか、想像できないので興味深いです。
Posted by かなへ at 2006年08月05日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック